アラスカの旅行ならアメリカパシフィックツアーズ社

デナリ国立公園 Denali National Park & Preserve

北米大陸最高峰デナリ山(6,190m)を擁するデナリ国立公園は、アラスカの中で最も良く知られ、最も多くの観光客が訪れる場所です。アラスカ州内の国立公園は、アラスカ州全体の面積の7.5分の1を占めるが、その中でデナリ国立公園は州内4番目の大きさ(四国の広さ以上)である。この広大な大地はあくまでも動植物のテリトリーとして自然を損なわず、人間は訪問者にすぎないという立場を守っている国立公園です。

公園内にはムース、グリズリ-ベア、カリブー(トナカイ)、ドールシープ、など37種類の哺乳動物、雷鳥、イヌワシなどの130種類の鳥類が生息している。また平均標高1,000mの森林限界ラインにあるため、広大なツンドラ地帯が広がり、ワタスゲやファイアーウィ-ド、ルピナス、ブルーベリーなどの数百種類の高山植物も見られる。

自然保護が徹底しているデナリ国立公園では、入口からワンダーレイクを通過してカンティシュナまで約150kmの自然道が一本あるのみで、自然保護の為公園内を走行できる車はシャトルバス、ワイルドライフツアーバスなどのみで、一般車の通行は特別な許可がない場合は禁止されている。

デナリ国立公園への観光について

夏のアラスカの観光地の中で最も人気のあるデナリ公園へは最低2泊はしたいところ。
アンカレッジやフェアバンクスから1泊2日で行くことは可能ですが、かなり忙しくなってしまい、ゆっくり自然を堪能することはできないので、最低2泊、もしくは3泊をお薦めします。

1.デナリ国立公園入口近くのホテル・ロッジデナリ
国立公園での宿泊施設の殆どが、公園入口近くにあります。その周りにギフトショップやレストランなども固まっています。

デナリ国立公園へのツアー

デナリ国立公園内へは自然保護の為、一日に公園へ入れる車の数を制限しています。
基本的には一般車乗り入れは禁止されており、園内観光の足は公園側が運行するシャトルバス、ワイルドライフツアー、ナチュラルヒス卜リーツアーとカンティシュナ・ウィルダーネス・卜レイルのバス、そして公園内のキャンプ場のスペースが取れた人用キャンパーパスとなります。
(2015年夏の料金)

ツンドラ・ウィルダーネス・ツアー お一人様 US$ 168.00

公園入口から約6~8峙問のバスツアー。ドライバーが野生動物や地形、歴史等を説明しながら、100km地点のトクラット川まで行きます。途中動物を見つけたらバスを停車しバスの中から動物を観察します。途中数箇所トイレ休憩があり、バスを降りて簡単に散歩することも出来る。天気がよくマッキンレー山が見えるときは、もう少し先のストーニーヒルまでバスは行きます。ツアーには簡単なランチボックスが付く。

デナリ・ナチユラルヒス卜リーツアー お一人様US$ 108.00

公園入口から約5~6時問のバスツアー。ドライバー野生動物などの説明をしながら、30km地点までバスを進めます。ワイルドライフツア一が長すぎる、少しだけデナリ公圃の中を見てみたいという人にはお薦め。途中天気がよければ車窓からマッキンレー山も見える。

カンティシュナ・ウィルダーネス・トレイル お一人様 US$ 200.00

デナリ公園のワンダ一レイクを通過して、一番奥のカンティシュナまで往復12峙間のバスツア一。折り返し地点のカンティシュナ・ロ一ドハウスにて昼食を取り、犬ゾリのデモンス卜レ-ションを見たり、砂金取りも体験できる。ドライバーによる説明、野生動物ウォッチングなどに加え、奥まで入って行くので、マッキンレー山や野生動物を見るチャンスも増えます。

デナリ・バックカントリー・アドベンチャー お一人様US$ 192.00

デナリ公園のワンダーレイクを通過して、一番奥のカンティシュナまで往復13時間のバスツアー。カンティシュナの一番奥のバック・カン卜リーロッジにて昼食を取り、砂金取りやネイチャーウォークなどアクティビティーに参力できる。往復ドライバーガイドによる説明と野生動物ウォッチングが楽しめる。